転職エージェントを利用して転職する方法!

外資系企業が求めるマーケティング職

外資系企業に転職するには、専門スキルが肝心です。外資系企業の求人の多くは、即戦力となるスペシャリストを求めているからです。日系企業では部署移動などが原因で、スペシャリストが育ちにくい環境があります。それゆえ専門性を持った人材は、国内の外資系企業で有利になる面があります。また、ジェネラリストとして活躍してきた人材であっても、専門性を身につけることで外資系への転職の可能性が生まれます。外資系企業が求める専門性としては、先ずマーケティング職が挙げられます。製造や販売拠点が海外に移る中、外資系が日本支社に求めるのはマーケティング拠点となります。マーケティング職は、既存の販売網を維持しながら新たな販売チャンネルの開拓を求められます。

マーケティング以外の専門職

外資系企業のマーケティング職には国内及び国際情勢に対する、知識や分析能力が必要になります。加えてセールスプロモーションに対する理解と、マーケットに関する情報収集力も不可欠です。マーケティング職以外で外資系企業が求めるのは、国際会計基準(IFRS)に通じた経理・財務職、サプライチェーンの構築経験を持つ人材などです。加えて、各種エンジニアの需要も高くなっており、ITやプラント関連で外資系企業の求人がなされています。外資系で求められる専門性や仕事内容は、職種や業界によって異なります。自分が携わりたい外資系の仕事があれば、転職エージェントに相談するのが選択肢となります。外資系に強い転職エージェントであれば、必要なスキルや専門性などのアドバイスが受けられます。