外資系転職では英語力をアピールすることが大切!

英語で履歴書や職務経歴書を作成するのもおすすめ

外資系転職では、職種や仕事内容などによらず英語が得意な人材が好まれる傾向があるため、書類選考の段階から積極的に採用担当者にアピールすることがおすすめです。例えば、英語力に少しでも自信があれば、履歴書や職務経歴書の志望動機を英文で記載するのもおすすめです。最近では、担当者の目を引く書類の書き方については、様々な求人媒体で紹介されることがあるため、転職活動中に役立つ情報を集めておきましょう。特に、営業職や事務職など取引先や顧客と英語でコミュニケーションを取る場面が多い職種を選択する場合には、各企業で必要とされている英語力について把握をするうえで、人気がある企業の就職説明会に参加をすることが大事です。

保有する語学に関する資格や検定を書類に記載しておこう

社員の待遇が良い大手の外資系企業の中途採用試験には大勢の受験者が集まることがあり、書類選考にスムーズに通過をするには、自身が保有する語学に関する資格や検定を記載しておくことが重要です。例えば、英語や中国語、韓国語などの能力が高い人については、転職後に英語でビジネスメールや電話などの対応を任されたり、海外出張の機会が多くなったりすることがあります。そのため、外資系転職に失敗をしないために、気になる企業の採用後の働き方について早いうちから把握することがおすすめです。なお、仕事を通じて少しずつ語学力を高めるにあたり、様々な語学検定に関する勉強会やミーティングなどが行われている企業を就職先に選ぶのも良いでしょう。