具体的な実績をしっかりアピールしよう!

爽やかな笑顔で回答する

外資系転職の面接で必要なアピールポイントとしては、自分の爽やかな白い歯がこぼれる笑顔で臨むことです。これは外国では白く輝く歯は、健康と清潔感の象徴と感じる傾向があるからです。外国人とは反対に昔から日本人は、どちらかと言うと歯を見せることが苦手な傾向があります。しかし外資系への転職では、白い歯がこぼれる笑顔での受け答えは転職への大きな武器になります。その為面接の前には自分の歯を手入れしておくこともおすすめです。このことを常に意識して面接に臨めば、自己紹介や挨拶だけでも評価が上がります。また自分の実績などのアピール内容がいくら良くても、話し方が長々しかったり分かりにくかったりすれば、半分も伝わらないことを良く理解しておきましょう。

あまり前のめりになり過ぎないこと

外資系転職の面接時に心掛けておかなければいけないことは、どうしても入社を望むばかりに自分のアピールポイントに力が入りすぎて、前のめりの心境になることです。緊張することは普通のことですが、自分以外の面接を受ける人も一緒です。その為その場面で取り乱さないように、気持ちや流れるペースに余裕を持つことが大切です。また自分の今までのキャリアやアピールポイントなども事前に整理して、一呼吸をおいて話し方にも余裕を持たせることが大切です。この余裕は自分の説明後の面接官からの質問を、待ち受けて余裕を持って簡潔に回答するという意味です。このような話し方のペースは、面接官を安心させることが可能になりさらに好印象を与える事ができます。