企業へ直接応募する方法

ホームページで募集要項をチェックする

外資系への転職を目指すにはさまざまな方法があります。その中でも、自分に自信があるときにおすすめしたいのが企業へ直接応募する方法です。企業のホームページで募集要項を確認し、資格を満たしている場合はすぐに応募できます。定期的に採用説明会を開催している企業もあるので、ホームページをくまなくチェックしてみて下さい。行きたい会社に知り合いがいれば、採用担当者を紹介してもらえることもあります。書類選考を通りやすくなり、面接へ進める可能性も高くなるはずです。直接応募では、自分の経歴が企業にちゃんと伝わっているかもその場で確認できます。何をアピールすべきか入念に考えておけば、自分の魅力も最大限に伝えられるでしょう。

企業側にも多くのメリットがある

直接応募は企業側にも多くのメリットがあります。エージェント経由での採用は成功報酬が必要ですが、直接応募ならそのコストも発生しません。年収の高い人ほど成功報酬は高くなるため、直接応募のほうが採用コストも抑えられます。応募者と直接交渉できるので、面接の日程を決めやすいのもポイントです。メールや電話のやり取りを評価することで、応募者も選考しやすくなります。直接応募は自分で情報を集めていくため、応募者が企業研究できているかも判断しやすいはずです。年収などの雇用条件も応募者とじっくり交渉できるでしょう。外資系ではエージェント経由の転職が多いですが、直接応募に好印象を抱く企業もあります。応募する方はぜひチャレンジしてみて下さい。